デリヘルで働くモチベーションはお金

女性が稼げる仕事ってそんなに多くないから、デリヘルは報酬面で結構恵まれてると思う。それに見合うだけの仕事をしているわけだから報酬はそれなりに高くて当たり前なのかもしれないけど、それでも高額報酬の仕事であることに変わりはないよね。

 デリヘルでは指名されればされるほど稼げるシステムになっているから、よくよく考えてみたら実力主義だよね。お店にはたくさんの女の子がデリヘル嬢として在籍していて、それぞれで報酬は結構異なるはず。やっぱりかわいい子や綺麗な子は指名されやすいだろうし、そういう女の子はどんどん稼ぐよね。ただ、たくさんのお客さんから指名されればそれだけ体には負担がかかるわけだから、稼ぐ分大変なのは他の仕事と一緒かもしれない。

 デリヘルに限らず風俗嬢でもしていなければ、普通の女の子が買いたい物を買えるようなお金に困らない生活はなかなかできないと思う。良い彼氏や旦那さんを見つけて好きな物を買い与えてもらえる環境にあるなら別だけど、そんなに上手くはいかないよね。だからデリヘルでも何でもやってお金を稼ぎたいという女の子は少なくないだろうし、そういうところがこの仕事に求められていることなんだろうね。

 女性として男性にエッチなサービスをすることはある意味仕事だと割り切れば案外できてしまうものだし、もっといえばお金のためだよね。そういう割り切った考え方があるからデリヘルで仕事ができるわけで、ちょっとドライな考え方かもしれないけど本心はみんなそうなんじゃないかな。

デリヘルで指名をもらうために頑張っていること

会社勤めよりもお金を稼げると感じたのがデリヘルで働き始めたきっかけです。会社員時代よりも給料は多くなったので、収入面には満足しています。しかし、より稼ぐためには努力が必要です。接客した回数や指名をもらった回数は、給料に大きく影響します。そのため、1回でも多く指名をもらうため、自分なりに考えながら接客しています。

まず、元気な女性を演じるようにしています。私は元々会話下手ですし、男性を褒めた経験はほとんどなかったです。しかし、デリヘルでは男性をおもてなしする側です。そのため、会話下手だったとしても、私がお客様を楽しませる飛鳥があります。始めは思うように会話できませんでしたが、最近は自分でもかなり慣れたと思っています。何を話すべきか考えすぎると話題が出てこないので、日常会話を意識するようになってからは、会話の苦手意識は低くなりました。

また、疲れやその日の気分で気持ちが上がらない時はあります。しかし、それを接客中に出してしまうと、男性客に伝わる可能性があります。ですから、疲れやその日の気持ちが上がらないと感じた時こそ、元気を出すようにしています。

他には、プレイに入るため、男性の希望を聞くようにしています。男性客の全員が女性に対して緊張しないタイプとは限らないからです。せっかく私が接客することになったので、少しでも楽しんでもらいたいです。こういう小さい気遣いの積み重ねがデリヘルで指名をもらうために必要だと思っています。

高円寺でデリヘル嬢としてデビュー

私が風俗嬢になったきっかけは、お金が欲しかったからです。
でも大学での生活をおろそかにしたくない。
短い時間で稼げるってことで友人に紹介してもらいました。

勤務体系が、非常に融通の利くということで、デリヘルを選びました。
当然、最初はとても怖かったけれど、意外とお客様は優しく紳士的な方が多くてすぐに馴染めました。

私のいる店では、当然沢山指名をいただくとお給料が増えるので指名をもらう為に、色々と工夫をしました。

例えば、体型を維持するために、毎日少しだけ筋トレをするようになりました。

デビューしてから、数週間で指名をしてくれるお客さんが何人かできて、とても打ち解けて楽しく仕事をしています。

他の風俗嬢の子と会うことはあんまりないのですが、何人か同じ店の子と仲良くなりました。皆、とても優しい子で、仕事やプライベートの相談をいつも話しています。

お店によっては、辛いことも多いと聞くけれど、少なくとも私のいるお店はボーイさんも優しい人ばかりで、とても楽しく仕事をしています。

たまに、少し変わったお客さんがいて、そういった人とお話するのも良い人生経験になっています。
例えば、凄いお金持ちのお客さん、逆に凄い苦労をしてきたお客さん、そういったお客さんが笑顔になるのを見ると、私もうれしい気持ちになります。

変わったお客さんといえば、凄いお年を召したお客さんで、プレイなんかは一切せずに時間内ずっとお話をしてくれるお客さんなんかもいました。